2015-04

スポンサーリンク
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー Excelの画面に出てくる”アレ”の名称を知っておきましょう

Excelのスキルを学ぶ時に、知っておくと便利なのが画面に出てくる箇所の名前。説明を聞くときや指示を伝えるときなどに、”アレ”の名前がすぐに分かると、効率よくコミュニケーションが進みます。 (Excel2013の画面でご説明します) E...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー  Excel上の日付と時刻のデータと関数の使い方

Excelでは、数値だけでなく日付や時刻も扱えて計算することもできます。日付や時刻のデータは数値とは違う特長がありますので、その違いを押さえておくと、スムーズに処理することができます。 日付、時刻データを扱うポイントはシリアル値 Exc...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー Excelの入力を効率化する小さな技

Excelでは数値データだけでなく関数や文字データも入力します。データ入力を効率的にするための技をご紹介します。 効率よく入力するには、できるだけマウスは使わないようにします Excelに限らず、PCで作業を行う場合には、キーボードとマ...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー テキストボックスを柔軟に使って資料やグラフの解説を分かりやすく

Excelで使う主な機能は、数値の集計。ただ、数値を集計したらそれで終わりではなく、ほとんどの場合、集計結果についての説明が加えられます。そこで役立つのがテキストボックスです。柔軟性の高いテキストボックスは、工夫次第で幅広く使うことができま...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー 条件付き書式、円グラフ、データバーで、経費分析シートの見せ方を工夫して”気づいてもらえる”資料にしましょう

経費分析は過去のデータと比較して、その変化を読み取ることに意味があります。経費と言っても項目はたくさんありますから、その全てを会計ソフトで設定された順番通りに並べるだけでは、どこに注目すれば良いか分かりません。せっかく作る資料ですから、伝え...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー Excel操作の効率化のため、アクセスキーの使い方も知っておきましょう

Excelの操作スピードを、劇的に上げてくれる一つの方法がショートカット。「Ctrl+C」「Ctrl+V」のコピー&ペーストや「Ctrl+Z」の一つ操作を戻す、などお馴染みの操作ですが、1度使うと、マウスの操作に戻ることができないほど、その...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー 「IF関数」のエラーメッセージと「シートの保護」で、入力ミスを防ぎましょう

Excelファイルを使って、就業時間管理や作業時間管理などを行うことがあります。多くの人が使うExcelファイルでは入力ミスを防ぐための工夫が必要です。 入力ミスを防ぐ手段は複数で Excelファイルで時間管理する場合は、統一されたフォ...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー 関数を使って、入力された時刻から、時間を計算します

人事や管理会計の実務では、Excelファイルを使って、就業時間管理や作業時間管理を行うことがあります。関数を使えば、作業開始時刻(始業時刻)と終了時刻(退社時刻)を入力しただけで、作業時間(就業時間)を計算させることも可能です。 時間の計...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー ドロップダウンリストで、Excelが苦手な人にも正しく入力してもらえるようにしましょう

Excelファイルを使って、就業時間管理や作業時間管理などを行うことがあります。入力方法を工夫しておくことで、Excelをあまり使ったことがない人にも正しく入力してもらうことができます。 正しく入力してもらうためには、入力内容、入力方法を...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー  そのまま印刷しても問題ないように、提出前に印刷範囲を確認しておきましょう

Excelで作成された資料は、印刷して利用されることも多くあります。ご自身で使う場合は問題ありませんが、上司やクライアントに向けて資料を作成する場合は、提出前に少しだけ設定を確認しておくと気持ち良く使ってもらうことができます。 Excel...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました