スポンサーリンク
Word

実務で使えるWord入門セミナー コピー&ペーストの種類をおさえて、使い分けられるようにする

Wordで文書を作成していると、別の箇所で入力した内容をそのままコピー&ペーストすることがあります。コピー&ペーストにはいくつかの種類があるので、必要に応じて使い分けられるようにしておくと便利です。 「Ctrl+C」→「Ctrl+V」は、...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー 別シートの表の数値を効率よく集計する方法です

経理や財務の実務でExcelを使う場合、同じ形式で作成された複数のシートを集計することがあります。シートをまたぐ集計は少し面倒なので、効率よく集計する方法を知っていると便利です。 四半期、年度の数値は、毎月作成するシートの集計 当ブログ...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー 表の中から数値のセルだけを選んで削除する方法です

Excelシートのセルの中には、文字列、数値、数式など様々なデータが入力されています。Excelでは、その中から特定のデータ(たとえば数値)が入力されているセルに絞って操作することもできます。 毎月の作業を効率化するには、フォーマットを作...
Word

実務で使えるWord入門セミナー 作成中の文書をまとめて上書き保存して、素早くWordを終了する方法です

Wordファイルを複数開いて作業していると、すべてのファイルについて個別に保存していくのは面倒です。まとめて保存する方法があるので知っておくと便利です。 複数のファイルで作業すると、保存メッセージが面倒 Wordファイルを開いて作業した...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Wordファイルを”最終版”にして読み取り専用にする

Word文書を作成する際、入力が完了して手を加える必要がなくなったときは、文書を確定させてそれ以上加工されないようにする場合があります。いくつかの方法がありますので、その特徴を理解して使い分けるようにしましょう。 文書を確定して加工させな...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー オートフィルでアルファベット(a,b,c,…)を連続して入力する方法です

Excelシート上で効率よくデータを入力する方法の一つに”オートフィル”があります。”オートフィル”の内容は後から追加することもできるので、よく入力するデータについてはどんどん追加していきましょう。 連続データの入力に力を発揮する”オート...
Word

実務で使えるWord入門セミナー 文字数の違う言葉を均等に配置して幅を揃える

Wordでは簡単なレポートだけでなく、取引先と交わす覚え書きのような硬い文書を作成を作成することもあります。そのような文書では見た目も重要な要素になりますので、きれいに見せるための技も覚えておきましょう。 文字数の違う言葉を縦に並べる ...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー テキストボックスと図形の組み合わせで、グラフ内の説明が自由にできる

Excelではグラフの作成が簡単です。ただし、出来上がったグラフに説明を加えるためには少し工夫が必要です。テキストボックスと画像を組み合わせると、グラフ内でも自由に説明を加えることができます。 Excelのグラフ作成は、データを指定して形...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Word文書内の表内で簡単に通し番号を入力する

Word文書では、表を作成することができます。表の中で通し番号の入力が必要な時に、効率的な入力方法があります。 通し番号をセルごとに入力するのは面倒 Word文書で作成する表では通し番号を入力することもよくあります。 たとえば、式典や...
Word

実務で使えるWord入門セミナー ”隠し文字”を使ってWord文書の一部を印刷させない方法

Wordで作成した文書を印刷する時、作業時の注意点など一部だけ印刷したくない部分がある場合があります。隠し文字を使うと、内容を削除することなく、文書の一部だけを印刷はさせないようにすることができます。 隠し文字を使う Wordで文書を作...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました