Word

スポンサーリンク
Word

実務で使えるWord入門セミナー 目次の作成方法です

長いレポートを作成する時は、全体の構成を分かりやすく示すために、目次をつけるのがオススメです。Wordには目次を設定する機能があるので使い方を知っておきましょう。 目次の設定方法 目次設定の手順は、次の通りです。 1.目次のページ...
Word

実務で使えるWord入門セミナー リストにある名前を入れて、文書を作成する方法です

Wordでお知らせの文書を作成する時、内容は同じでも個別に名前を入れて、文書を仕上げたい場合があります。一人一人入力してもいいのですが、部数が多いとさすがに大変です。そんな時は名前のリストを作って文書に差し込むと効率的です。 名前を入れた...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Word文書でドロップダウンリストを使う方法です

Wordファイルで、物品購入申請書のような様式を作成することがあります。記入欄を作って必要事項を記入してもらいますが、内容が曖昧だと書く方は迷って時間がかかりますし、受け取った方も意図通りの内容でないと聞き直す必要があるなど、余計に時間がか...
Word

実務で使えるWord入門セミナー ドロップキャップを使って、最初の文字を強調します

Wordで長めのレポートを作成していると、段落数が多くなってきて、文書全体の見た目にメリハリがなく読みづらいと感じることがあります。段落の冒頭の文字を強調して、メリハリをつけて単調な文書を見やすくしましょう。 ドロップキャップで段落の冒頭...
Word

実務で使えるWord入門セミナー 表の隣に文字を入れる方法です

Wordでは、文書内に表を挿入することができますが、初期設定のままでは、表の上か下にしか文字を入力することができません。表に並行させて(となりに並ぶように)文章を入れたい場合は、「表のプロパティ」から設定を変更する必要があります。 Wor...
Word

実務で使えるWord入門セミナー 「コンテンツコントロール」を使うと、特定の場所に画像の挿入してもらいやすくなります

社員証申請の様式をWordファイルで作成するような場合、Wordファイル内の特定の場所に、写真を挿入してもらう必要が出てきます。Wordを使い慣れていない人でも、写真の挿入が簡単にできるように「コンテンツコントロール」を使うといいですよ。 ...
Word

実務で使えるWord入門セミナー 「挿入した表の、行の高さが変えられない!」 行の高さを調整する方法です

Wordファイルで様式を作成するために「表」を挿入したとき、思うように行の高さが変えられなくて困ることがあります。そんな時は、「表ツール」の「レイアウト」に変更を加えれば上手くいきます。 Wordファイルに挿入した表の調整は意外と面倒 ...
Word

実務で使えるWord入門セミナー  Word文書に挿入した画像の一部を削除する方法です

Word文書に画像を挿入するとき「画像の一部分だけ削除しておきたい」ということがあります。画像加工アプリで加工するのもいいですが、いちいちアプリを立ち上げるのがちょっと面倒です。Wordでは、文書上で挿入した画像の一部を切り取ることもできま...
Word

実務で使えるWord入門セミナー 表の大きさを変えずに、枠内に文字を収める方法です

Word文書では表を作成することもできますが、表の中に文字を入力しようとすると、1つの枠の中に文字が収まらなくて、枠が広がってしまうことがあります。これでは見た目が悪くなりますので、枠の大きさを変えずに文字を収める方法もおさえておきましょう...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Wordファイルで住所録を作成して、年賀状の宛名書きをサッサと済ませてしまいましょう

「別にやめてもいいんだけどなぁ」と思っていても、慣習に従って続けてしまっている取引先への年賀状。いつも使っているWordの「宛名書き」を使ってサッサと終わらせてしまいましょう。 Wordの宛名書きは画面に従って入力するだけ Wordの宛...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました